ヘルパーと言う介護職のメリットについて

main-img

ヘルパーとは現在ではその名称としては存在してませんが、もともとは訪問介護員を意味する介護職の資格です。



現在では介護職員初任者研修と言う名称に変更しています。



介護サービスが限定的であった頃は、ヘルパーの活躍する現場は訪問介護が主でしたが、現在では入居系や通所系の介護施設でも多くのヘルパーや介護職員初任者研修修了者が働いています。



しかし訪問介護の重要性は昔も今も変わりがありません。


国は今後の介護方針として、医療費や介護費用を抑制するため、住み慣れた地域や自宅で必要な医療、介護サービスを受けてもらうことを重視していますから、むしろ訪問介護の需要はますます高くなることが予想されます。



ですから訪問介護の場で、ヘルパーとして働く人の確保は国にとっても重要な課題だと言えます。



訪問介護では介護度が重い人に対しては生活動作への介護が含まれていますが、そうでない人に対しては調理や掃除と言った家事支援提供が主になることも少なくありません。


そのため介護職員初任者研修の資格を取ったばかりで、介護職に就くのが初めてと言う人でも、家事が得意な人、長年、家事を行ってきた人であれば業務に慣れやすいと言うメリットがあります。
また施設などに比べて、働く時間に融通がききやすいのもメリットと言えます。
これは24時間1年中介護サービスを提供し続けなければならない施設などとは異なり、訪問介護は、必要な時に、必要な時間分だけ、必要な介護を提供しに行くと言うシステムのためです。

1日の内1時間だけと言う働き方でも、その時間にサービスを必要としている人のもとを訪れ、必要なサービスを提供すると言う働き方ができるため、家事や育児などに忙しいと言う方でも比較的、働きやすい介護職のひとつだと言えます。



関連リンク

subpage01

ヘルパーと言う介護職のメリットについて

ヘルパーとは現在ではその名称としては存在してませんが、もともとは訪問介護員を意味する介護職の資格です。現在では介護職員初任者研修と言う名称に変更しています。...

more
subpage02

ヘルパーというお仕事

一般の皆さんがヘルパーという言葉を聞いて思い浮かべるのは、ご自宅に家事やその他の生活援助、または入浴やおむつ交換などの身体介助をしに来る主に女性というイメージでしょう。これらの仕事をする人をホームヘルパーといいます。...

more